スタートトゥデイグループ、 本日10月1日(月)より 「ZOZO」 へ社名変更 〜 想像(Imagination)と創造(Creation)が融合する企業名「ZOZO」を採用し、 「第2の創業期」で世界的なアパレル企業グループへの飛躍を目指す 〜

f:id:starttoday_tech:20181001101459p:plain

ファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」(http://zozo.jp/)を運営する株式会社スタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:前澤 友作)は、本日10月1日(月)より「株式会社ZOZO」に社名を変更いたしました。それに伴い、グループ会社である株式会社スタートトゥデイテクノロジーズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:久保田 竜弥、代表取締役CINO:金山 裕樹)は「株式会社ZOZOテクノロジーズ」に、株式会社クラウンジュエル(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:宮澤 高浩)は「株式会社ZOZOUSED」に、それぞれ社名を変更いたしました。

「ZOZO」というワードは、新しい価値を生み出す、想像(Imagination)と創造(Creation)の行き交いを表現しています。

また、新たなコーポレートロゴプライベートブランド「ZOZO」のロゴを採用いたしました。ロゴの○△□は、それぞれ色もかたちも異なりますが、実は面積はすべて同じです。このロゴのように、人はそれぞれ、色もかたちも、得意なことも苦手なことも違うけれど、嬉しかったり、怒ったり、哀しかったり、楽しかったりするのは皆同じです。「みんな違うけど、みんな一緒(be unique, be equal.)」というスローガンを掲げ、ZOZOグループは、世界中のすべての尊い個性がファッションで繋がる未来を目指してまいります。

今年設立20周年を迎えた当グループは、採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」による体型計測データを活用したプライベートブランド「ZOZO」のサービスを開始し、第2の創業期とも言える転換期を迎えました。このサービスが70億人のファッションの共通課題である「サイズの問題」を世界レベルで解消しうるという確信を持って、今後、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」というZOZOグループの理念の実現に向け、グローバル展開を進めてまいります。 社名変更に際し、株式会社ZOZO 代表取締役社長 前澤友作のメッセージを下記に記載させていただきます。

代表取締役社長 前澤友作のメッセージ

私たちは「楽しく働く」ことを徹底します。

「楽しく働く」ことが、私たちを応援し支えてくださる全ての皆さまの幸福に繋がることを、身をもって証明します。

私たちの「楽しく働く」姿は、労働の概念をアップデートしていきます。

「楽しく働く」ことが世界中で大流行し、心も体も健康な友人が増えた時、お金中心だった私たちの暮らしは、新しい未来へと向かいます。

だから、私たちは「楽しく働く」ことを徹底します。

2018年10月1日
代表取締役社長 前澤 友作

新社名について

■新社名 : 株式会社ZOZO(ゾゾ)
■英語表記 : ZOZO, Inc.
■変更日 : 2018年10月1日(月)
■代表者 : 代表取締役社長 前澤 友作
■本社所在地 : 千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBGマリブウエスト15F、16F

■新社名 : 株式会社ZOZOテクノロジーズ(ゾゾテクノロジーズ)
■英語表記 : ZOZO Technologies, Inc.
■変更日 : 2018年10月1日(月)
■代表者 : 代表取締役社長 久保田 竜弥、代表取締役CINO金山 裕樹
■本社所在地 : 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバル・ビル 3F

■新社名 : 株式会社ZOZOUSED(ゾゾユーズド)
■英語表記 : ZOZOUSED, Inc.
■変更日 : 2018年10月1日(月)
■代表者 : 代表取締役社長:宮澤 高浩
■本社所在地 : 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバル・ビル 3F

【本リリースに関するお問合せ】
本リリースに関するお問い合わせはこちら

スタートトゥデイ研究所、九州工業大学と共同研究を開始 ~ ファッションに関する大規模データを活用する研究開発の加速と 人材育成強化を目指す 〜

f:id:starttoday_tech:20180806104544j:plain

スタートトゥデイグループの、ファッションを数値化し科学的に証明するプロジェクトチーム「スタートトゥデイ研究所(START TODAY RESEARCH)」は、国立大学法人 九州工業大学(以下、九州工業大学)との共同研究を開始することに合意しました。

スタートトゥデイ研究所では、「ファッションを数値化する」というミッションのもと、「服作り」の研究、「似合う」の研究、「サイズ」の研究を進めています。

今年7月には、東京に次ぐ2つ目の拠点として「スタートトゥデイ研究所 福岡」を開設しました。福岡拠点では、機械学習系の博士号保持者3名を筆頭に、福岡県内外から優秀な研究開発者を集め、特に「似合う」の研究開発を進めています。スタートトゥデイグループが保有するファッションに関する膨大なデータを分析、理解し活用することで、その背後にある法則や理論・モデルを明らかにしてまいります。

九州工業大学は、工学に関する教育と研究を通して、人類と社会に貢献することを基本理念としています。そして生命体工学研究科の古川徹生教授率いる研究室は、脳型情報処理機械の観点から、複雑な構造をもつデータ集合群を効率よく扱う研究と技術開発を基礎研究レベルから推進させること、並びに優秀な研究開発者の育成を得意としています。

ファッションには表現、文化、対話、創造など、人間や社会のさまざまな活動が凝縮されており、それらは時間ともに変化しています。スタートトゥデイグループはこれらに関する膨大なデータを保有しており、学術的にも貴重な情報が含まれています。

本共同研究では「ファッションの数値化」を目指し、この複雑かつ大規模なデータを解析する技術開発に取り組みます。この研究から生み出される技術成果は、検索や推薦、広告、コーディネートの提案、物流の最適化など、スタートトゥデイグループの各事業に随時取り入れていきます。

またスタートトゥデイ研究所では、採用を一層強化し研究者の受け皿となるべく、「社会人ドクター制度」などの就学支援制度を導入し「人が育つ環境」づくりに注力しています。

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」やプライベートブランド「ZOZO」、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」を中心とした自社グループサービスによって得られるファッションに関するさまざまなデータを整理、分析し、理解することで、新たな「発見」から「価値」を創出し社会に提供することで、ファッションを楽しむ人を一人でも多く増やすことを目指してまいります。

共同研究について

■課題名 : ファッション領域を主とする大規模かつ複雑な関係データの多面的・直感的理解と活用を可能とする情報処理機械の開発と実用化
■提携先 : 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 古川徹生研究室

スタートトゥデイ研究所について

スタートトゥデイ研究所は、スタートトゥデイグループが保有する以下の情報資産を基に、ファッションを数値化し科学的に解明するプロジェクトチームです。 

  • 1億件以上の購買データ
  • 約3,000万件のブランド公式商品データ(商品画像、カテゴリ、サイズ、商品説明、SKU、素材など)
  • 約1,000万枚のコーディネートデータ(コーディネート画像、着用アイテム、タグ情報など)
  • 約2,300万人のユーザー情報(属性、購買履歴、保有アイテム、閲覧履歴、検索履歴、お気に入り商品、お気に入りブランド、お気に入りコーデ、お気に入りショップなど)
  • 約2万件のブランド情報
  • 約5万件の店舗情報
  • 各種ランキング情報
  • 年間約3,000万件の物流関連データ
  • カスタマーサポート関連データ
  • 「ZOZOSUIT」によって今後蓄積される人体の計測データ※ 特定の個人を識別できる情報は使用いたしません。

■名称 : スタートトゥデイ研究所(START TODAY RESEARCH)
■設立日 : 2018年1月31日(水)
■拠点 : 東京、福岡

本リリースに関するお問い合わせはこちら

スタートトゥデイ研究所、 博士号取得を目指す方を支援する「社会人ドクター制度」を導入 〜 「学ぶ」と「働く」を両立し、研究員の技術向上や産学連携による研究を促進 〜

f:id:starttoday_tech:20180806104544j:plain

スタートトゥデイグループの、ファッションを数値化し科学的に証明するプロジェクトチーム「スタートトゥデイ研究所(START TODAY RESEARCH)」は、働きながら博士号取得を目指す方を支援する「社会人ドクター制度」の導入を決定いたしました。

「社会人ドクター制度」は、スタートトゥデイ研究所の研究に関連する分野において、博士号の取得を目指す方を対象とした制度です。共同研究先との研究開発及び修学を優先的な業務とし、給与の支給のほか修学費用を支援いたします。これにより、働きながら学位取得を目指すことができるため、経済的な不安解消と研究時間の確保によるスキル向上が可能となります。

また、本制度は社員だけでなく、対象研究室在学中の学生も対象となります。博士号を目指す学生を早期雇用し制度の対象とすることで就職先への不安や経済的負担を軽減することが可能です。本制度の導入により、今後も若手研究者の人材確保と研究員の技術向上、産学連携による研究の促進により「ファッションの数値化」を目指してまいります。

「社会人ドクター制度」について

■ 概要   :スタートトゥデイ研究所の研究に関連する分野において博士号の取得を希望する者に対して、共同研究先との研究開発と修学を優先業務として、給与とは別に修了に必要な学費を支援する制度
■ 対象者  :スタートトゥデイ研究所と共同研究を行う研究室に所属している学生および社員
■ 支援内容 :修学費用、給与など

スタートトゥデイ研究所について

スタートトゥデイ研究所は、スタートトゥデイグループが保有する以下の情報資産を基に、ファッションを数値化し科学的に解明するプロジェクトチームです。 

  • 1億件以上の購買データ
  • 約3,000万件のブランド公式商品データ(商品画像、カテゴリ、サイズ、商品説明、SKU、素材など)
  • 約1,000万枚のコーディネートデータ(コーディネート画像、着用アイテム、タグ情報など)
  • 約2,300万人のユーザー情報(属性、購買履歴、保有アイテム、閲覧履歴、検索履歴、お気に入り商品、お気に入りブランド、お気に入りコーデ、お気に入りショップなど)
  • 約2万件のブランド情報
  • 約5万件の店舗情報
  • 各種ランキング情報
  • 年間約3,000万件の物流関連データ
  • カスタマーサポート関連データ
  • 「ZOZOSUIT」によって今後蓄積される人体の計測データ ※ 特定の個人を識別できる情報は使用いたしません。

■ 名称 : スタートトゥデイ研究所(START TODAY RESEARCH)
■ 設立日 : 2018年1月31日(水)
■ 拠点 : 東京、福岡

本リリースに関するお問い合わせはこちら

スタートトゥデイグループ、 ファッションの数値化をミッションとした 「スタートトゥデイ研究所」の福岡拠点を開設~ 福岡をはじめ西日本・アジア諸国の人材の雇用を創出し、 「似合う」の研究を加速 ~

f:id:starttoday_tech:20180806104544j:plain

スタートトゥデイグループは、ファッションを数値化し科学的に解明するプロジェクトチーム「スタートトゥデイ研究所(START TODAY RESEARCH)」の福岡拠点「スタートトゥデイ研究所 福岡(START TODAY RESEARCH FUKUOKA)」 を、本日7月2日(月)に開設いたします。
スタートトゥデイ研究所では、「ファッションを数値化する」というミッションのもと、以下3つの研究を進めています。今回開設したスタートトゥデイ研究所 福岡拠点では、この中でも特に、「似合う」の研究を進めてまいります。

  • 「服作り」の研究 :オートデザイン、新素材、新生産ラインなど服作り全般の研究
  • 「似合う」の研究 :「似合う服とは?」、「素敵な組み合わせとは?」などファッションの数理モデルの獲得と実用化の研究
  • 「サイズ」の研究 :ZOZOSUITの進化に寄与する人体計測の技術研究

福岡拠点開設の背景

福岡県福岡市は行政と民間企業の距離が近く、近年スタートアップ企業の拠点が急速に増えている都市です。人口増加率は政令指令都市の中でも全国1位(※)で、若年層も多く集まっています。また、アジア諸国との距離が近いため、世界の架け橋としても成長を続けています。これにより、福岡を中心とした西日本地域・アジア諸国の人材獲得、事業拡大に向けて、福岡拠点を開設することにいたしました。
※出典「Fukuoka Facts」 http://facts.city.fukuoka.lg.jp/data/population/

今後の展望

現在の福岡拠点は、15名ほどの組織規模ですが、研究者を積極的に採用することで3年後までに50名規模の組織拡大を予定しています。 また、研究組織・大学との共同研究も計画しています。修学支援制度なども導入を予定しており、若手研究者にさらなる活躍の場を提供することで雇用を創出し、地域社会に貢献してまいります。 さらに、研究活動を通じたスタートトゥデイグループのより一層の事業拡大と、ファッションを科学的に解明した先にある新しい価値を社会に提供することを目指します。

スタートトゥデイ研究所 福岡について
名称:スタートトゥデイ研究所 福岡 (START TODAY RESEARCH FUKUOKA)
所在地:福岡県福岡市中央区天神1−3−38 天神121ビル7階
開設日:2018年7月2日(月)

本リリースに関するお問い合わせはこちら

スタートトゥデイグループ、 70億人のファッションを技術の力で変える新会社 「株式会社スタートトゥデイテクノロジーズ」を発足〜ビッグデータと技術力を集約し、 テクノロジーによるイノベーションを加速〜

f:id:starttoday_tech:20180806104520j:plain

スタートトゥデイグループは、株式会社スタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:前澤 友作)の子会社である株式会社スタートトゥデイ工務店(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:久保田 竜弥)、株式会社VASILY(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:金山 裕樹)、株式会社カラクル(本社:福岡市中央区 代表取締役:大久保 貴之)を合併し、グループ内の技術力を集約した新会社「株式会社スタートトゥデイテクノロジーズ」を、4月1日(日)に発足しました。

発足の目的

同社は「70億人のファッションを技術の力で変えていく」をミッションとし、スタートトゥデイグループの持つ技術力を集約することで、保有するビッグデータの更なる活用、技術革新を加速することを目的としています。ZOZOTOWNやZOZOSUITを活用したプライベートブランド「ZOZO」などのファッションEC、WEARやIQONなどのファッションメディアなど、現在提供しているファッションサービスの開発業務全般に加え、スタートトゥデイ研究所によるR&D、テクノロジードリブンな新規事業の創造を行ってまいります。これまで感覚的に語られてきたファッションという分野を科学的に解明し、テクノロジーによって実用化することで、世界中の人がよりファッションを楽しむことができる世の中を目指します。

新会社の体制

同社は、専門性の高い分野でも迅速な意思決定とスピード感のある経営を行うために、代表取締役が2名就任いたします。 1名は、旧スタートトゥデイ工務店 代表取締役社長 久保田竜弥が、代表取締役CEOとしてZOZOTOWNの開発やプライベートブランド販売サイトの事業を担当します。もう1名は、旧VASILY 代表取締役社長 金山裕樹が、代表取締役CIO(Chief Innovation Officer)として、WEAR、IQONなどのファッションメディアの運営、新規事業の開発、スタートトゥデイ研究所などイノベーション創出を担当します。なお、旧カラク代表取締役社長 大久保貴之は、執行役員として、研究所福岡拠点のリーダーを務めます。

合併の概要

効力発行日: 2018年4月1日(日)
合併の方式: スタートトゥデイ工務店を存続会社、VASILY、カラクルを消滅会社とする吸収合併。
権利義務: 合併後はスタートトゥデイ工務店へ権利義務の一切を承継いたします。
VASILY、カラクルの事業は、スタートトゥデイテクノロジーズの社内組織として発足する事業部に承継され、これまでと同様のサービスを引き続き提供いたします。

採用について

スタートトゥデイテクノロジーズでは、既存事業のさらなる拡大、テクノロジードリブンな新規事業を創造すべく、この会社の黎明期にリーダーシップを発揮することができる博士やエンジニア、アナリストやデザイナー、プロデューサーなど様々な領域の「天才」「逸材」たちを募集します。詳しくはスタートトゥデイテクノロジーズホームページ内の特設ページをご覧ください。
https://www.starttoday-tech.com/recruit/genius/

株式会社スタートトゥデイテクノロジーズ会社概要

社名: 株式会社スタートトゥデイテクノロジーズ(英字表記: Start Today Technologies Inc.)
代表取締役 代表取締役社長 久保田 竜弥 / 代表取締役CIO 金山 裕樹
事業内容: スタートトゥデイグループのサービス開発、新規事業の創出、スタートトゥデイ研究所を中心としたR&D
本社所在地: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバル・ビル3階
資本金: 2億8000万円
ホームページ: https://www.starttoday-tech.com
設立: 2018年4月1日(日)

本リリースに関するお問合せはこちら