今年のファッション総まとめ!ファッションコーディネートアプリ「WEAR」トレンドランキング2019 ~2019年のトレンドアイテム・検索キーワード・人気ブランドなどランキング形式で発表~

f:id:starttoday_tech:20191226101811j:plain

株式会社ZOZOテクノロジーズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:久保田竜弥、代表取締役CINO:金山裕樹)が運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR(https://wear.jp/)」は2019年10月にサービス開始7年目を迎え、1,400万ダウンロードを達成、コーディネート投稿数は900万件を突破しました。街で見かけるリアルでカジュアルな着こなしから、洗練された上級者テクニックまで、最新トレンドがチェックできる「WEAR」で2019年はどのようなファッションが流行したのか、ランキング形式で発表します。(調査期間:2019年1月1日~11月25日)

2019年を代表する、「最も見られたコーディネート」を発表

MENカテゴリのTOP3はすっきりとしたシルエットでまとめたコーディネートがランクイン。定番カラーである黒を軸に、メインアイテムの色を変えて楽しむ真似しやすいコーディネートが注目を集める結果に。WOMENはトレンドのニットベストを使った今年らしいコーディネートが堂々の第1位。TOP3は全体的に柔らかなムードにまとめた、ラテカラーのコーディネートが人気となりました。KIDSはスマートにまとめたモノトーン大人コーデが人気でした。 f:id:starttoday_tech:20191226102115p:plain

トレンドのラテカラーが急上昇する中、コーデの人気色第1位は、定番ブラック!

「最もコーディネートに使われたカラー」ランキングで全カテゴリで堂々の第1位に輝いたのは定番カラーのブラックでした。また、今年大幅に人気が上昇したのはベージュ、ブラウンといった「ラテカラー」。特にWOMENとKIDSから強い支持を集めています。手持ちのモノトーンアイテムとの相性がよく、コーディネートに気軽に取り入れやすかったことも、ラテカラーの人気を後押しした一因となりました。一方、ブルーやネイビーといった寒色の色味は落ち込み、年間を通してあたたかみを感じさせるカラーが好まれた1年でした。 f:id:starttoday_tech:20191226102253p:plain

リラックス&カジュアルが今年顔!2019年「トレンドアイテム」ランキング

今年になり#(ハッシュタグ)数が急増した、人気急上昇の2019年「トレンドアイテム」をカテゴリ別に紹介します。MENカテゴリの第1位にはフレアパンツがランクイン。裾に向かってナチュラルに広がったシルエットで、スタイルアップにも一役買ってくれるフレアパンツは、男性のみならず女性からも人気を集めた、今年の象徴的なアイテムの一つです。WOMENカテゴリではメガヒットを飛ばしたカーブパンツが堂々の第1位。続く2、3位にはCPOジャケットなど、カジュアルアイテムが名を連ね、デザインと着心地を兼ね備えたアイテムに人気が集まりました。MEN、WOMEN、KIDSすべてのカテゴリで共通して、デザイン性のあるボリューミーなパンツが注目されており、カジュアル&リラックスモード漂うコーディネートが2019年のWEARトレンドとなっていました。f:id:starttoday_tech:20191226102325p:plain

選ぶポイントはずばり「着回し力」2019年「最も着られたブランド」ランキング

MEN・WOMEN両カテゴリの第1位、2位でUNIQLO、GUといったプチプラブランドが人気を集める結果となりました。ベーシックなデザインで、着回しがしやすく、様々なアイテムと合わせて幅広いコーディネートを楽しめるところが魅力です。また今年はカーブパンツや神スウェットなどUNIQLO、GUともにメガヒットアイテムが生まれたことも、トップにランクインした大きな要因となりました。KIDSではさりげないこだわりが光るデザインで人気のpetit mainが第1位にランクイン。デザインにも品質にもこだわりたいママやパパから注目を集めるブランドです。 f:id:starttoday_tech:20191226102351p:plain

今年のNo.1検索キーワードは「ワンピース」!不動の人気アイテムに再び熱視線

2019年検索キーワードランキング、堂々の第1位には「ワンピース」がランクイン。コーデの主役として重宝し、着回しもきく永遠の定番アイテムに再び注目が集まっています。今年はティアードやスリットなど、形にもこだわったワンピースが多く登場。シーンに合わせて羽織りや季節のアイテムを加えて、オールシーズンを通して様々なコーディネートを楽しんでいる投稿が多くみられました。次いで、カジュアルにもモードにも着こなすことができ、季節問わず活躍する定番カラーの「黒」が2位に。3位は、引き続き根強い人気の「ワイドパンツ」。今年はニットやリブなど、素材にこだわったアイテムが人気でした。また、昨年13位だったパーカーが5位に急上昇するなど、リラックスカジュアルが一大トレンドとなった1年となりました。 f:id:starttoday_tech:20191226102441p:plain

明日のデート、何着よう?WEARのフォルダ機能を使えばモテ×トレンドがすぐわかる

テーマに沿った投稿がギュッとつまっているWEARのフォルダ機能。「今年の春服」や「2019年のハイライト」など自分で好きなテーマを設定し、そのテーマに沿ったコーディネートを投稿すれば自分だけのフォルダが出来上がります。2019年は多くのユーザーが、様々なフォルダを作成し、公開しました。季節に合わせたものから個人の願望が詰まったものまで、幅広いテーマのフォルダの中から、好みにあわせてお気に入り登録すれば、簡単に投稿をチェックすることができます。中でも、モテ系に特化したフォルダが男女ともに人気を集めており、多くのコーディネートが投稿されています。「明日のデートは何を着よう?」「新しい服が欲しいけど今年の冬は何がトレンドなのかな?」など悩んだときにはフォルダ機能がおすすめです。 f:id:starttoday_tech:20191226102517p:plain

今年も様々なトレンドファッションが生まれました。来年2020年はどのようなファッションに身を包み、どのようなトレンドが生まれる年になるのでしょうか。2020年も、WEARを通じてファッションとの新しい出会いを創出し、ファッションを楽しむ人を1人でも多く増やすことを目指してまいります。

株式会社ZOZOテクノロジーズ 会社概要

■社名   :株式会社ZOZOテクノロジーズ(英字表記: ZOZO Technologies, Inc.)
代表取締役代表取締役社長 久保田 竜弥 / 代表取締役CINO 金山 裕樹
■事業内容 :ZOZOグループのサービス開発やデザイン、分析業務、新規事業の創出、ZOZO研究所によるR&D(詳細はこちら
■社員数  :291名 ※2019年9月30日時点
■設立   :2018年4月1日(日)

【本リリースに関するお問い合わせ】
広報に関するお問い合わせはこちら